戦艦大和って結局なんだったの?沈められただけだよね。見栄張ってあんなもん作ってバカみたい。その2

1 ::2019/08/14(水) 18:37:53.93 ID:Wd4NGhqy0●.net ?2BP(5900)

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1565692553/

116 ::2019/08/15(木) 00:45:05.09 ID:uo5h5pCJ0.net

まあね、日本が負けたのは武器のせいじゃなく知力と経済力と政治力の差。

232 ::2019/08/15(木) 13:28:44.89 ID:jj7oNblM0.net

>>222
ロシアからは賠償金は取れなかったんじゃなかったか?

15 ::2019/08/14(水) 18:47:26.46 ID:Fo+gM3Pl0.net

廣島にひょっとして喧嘩売ってる?
は?
もう一度聞く
は?

174 ::2019/08/15(木) 09:13:47.06 ID:EX+VcYlb0.net

>>173
ヒトラーは日本人は二流民族としつつもそれなりの能力は認めてたろ

51 ::2019/08/14(水) 20:21:01.74 ID:WYNw66p80.net

>>48
ないっす
敵機もせいぜい数機落としたぐらい

104 ::2019/08/14(水) 23:46:07.14 ID:WYNw66p80.net

>>17
別に戦艦は各国で建造されてるし
当時は必要という認識だった

6 ::2019/08/14(水) 18:42:19.67 ID:kaIDA8Uq0.net

今度はやな
紛争地域の遥か遠くから
200くらいの艦砲射撃で国連の空爆の代わりができる
海の移動要塞大大和を作って平和に貢献したらええねん
エスコートに空母を数隻つけてな

333 ::2019/08/15(木) 20:25:55.92 ID:3tSvGaCc0.net

直接戦闘での強さを考えるなら、戦艦と空母にはそこまで差はない。
大和や武蔵が沈んだ戦闘で、敵陣営に存在した空母と同数の大和型戦艦があったら結果は変わっただろう。

ただし、そもそも「戦艦が威力を発揮できる状況」ってのが近代開戦ではほとんど発生しない。
一方母艦戦力はあればいつでも役に立つ。

実際のところ、第二次大戦に入るよりまえにすでに、戦艦が戦況に影響を与える事はほとんど不可能なファンタジーになってた。

307 ::2019/08/15(木) 18:47:12.08 ID:nA4FrYP60.net

一国で考えてもダメだろ
ドイツが欧州で勝てば講和できてた
ドイツが勝つにはソ連に攻め込んじゃいけなかった
ムソリーニも勝手にアフリカに攻め込んじゃダメ

346 ::2019/08/15(木) 20:48:45.81 ID:cV4r89RM0.net

大和には士官室にクーラーついてたらしいけど、武蔵にもついてたのか

23 ::2019/08/14(水) 19:06:18.06 ID:d+wt8HyK0.net

1990年代後半から2000年代前半にかけてのIT業界も似たような感じだった
汎用機を作って偉くなった人が多かったので
「コンピュータはハードウェアだ、ソフトウェアは付録に過ぎない」
「ハードウェアがなければソフトウェアは動かないだろ?」
「これからもハードウェアの時代が続く」
みたいな話をよく聞いた
日本のIT業界の体たらくは当時の“巨艦主義”も少なからず影響していると思う

248 ::2019/08/15(木) 14:16:04.86 ID:EX+VcYlb0.net

>>246
当時は石油は沿岸でしか見つからないと考えられてた
たとえ発見できても粘度がたか過ぎで当時の採掘技術では無理

250 ::2019/08/15(木) 14:22:30.97 ID:jj7oNblM0.net

古い戦争映画といえば、
四肢切断でツボの中に入れられてた兵士の回想の映画があったな。
タイトルが思い出せん。

275 ::2019/08/15(木) 15:19:12.50 ID:T20vmSVx0.net

>>255
アルキメデスの作者は新国立競技場のスッタモンダ見て、日本の役所はまだこんな事
やってるのか、、、って着眼でアルキメデスを書いたって言ってるもんな。

261 ::2019/08/15(木) 14:46:50.78 ID:SmJnggR70.net

>>13
国力的に空母の開発はかなりやっているの知らないのか?
赤城、加賀、蒼龍、飛龍、龍驤、翔鶴、瑞鶴、大鳳、龍鳳、千歳、千代田、雲龍、天城、葛城、信濃
改造空母に飛鷹、隼鷹、祥鳳、瑞鳳、大鷹、雲鷹、冲鷹、海鷹、神鷹
すでに戦力外の鳳翔

268 ::2019/08/15(木) 15:04:36.72 ID:32dLAkRK0.net

>>264
うわw恥ずかしw

112 ::2019/08/15(木) 00:21:50.44 ID:NsAkJvR90.net

大和作る作らない以前の問題として、戦略ミスってるんだからどうにもならんだろ。アメリカに戦争仕掛けた時点で終わり。大和の鉄で空母作ろうが飛行機作ろうが数カ月降伏を伸ばせるかどうかだろ?

ソ連をナチスドイツと大日本帝国で挟み撃ちにする。コレが唯一の選択肢。
大和は関係ない。

183 ::2019/08/15(木) 10:37:19.91 ID:7j0aweZn0.net

紺碧の艦隊みたいに主砲に燃料気化弾装填した世界線を体験したかった

109 ::2019/08/15(木) 00:05:14.09 ID:3W+L1J7p0.net

ワイの股間も超弩級ですよ

79 ::2019/08/14(水) 22:03:56.99 ID:gveuQER40.net

>>76
どっちかというと、ロボットになりそうな感じだよね

267 ::2019/08/15(木) 15:01:34.07 ID:GEWN9uTZ0.net

しかしあのまま上手い事やって戦争を回避していたら
戦前の財閥はそのままだし
検閲はあるし徴兵制もあるし貴族や華族はいるし
パラオから樺太まで守らなきゃいけないから軍事費はかかるしで
今ほどの経済発展は恐らくないぞ? コミケも開けなかった可能性が高い

158 ::2019/08/15(木) 06:21:23.72 ID:sKQts36M0.net

大和一隻の鉄で1万の高射砲が出来るからな
戦争末期の日本全土の高射砲数がたった2千

47 ::2019/08/14(水) 19:54:27.14 ID:P+XNFs/o0.net

ファミコンウォーズならチート戦艦

39 ::2019/08/14(水) 19:32:13.66 ID:dOLERIhM0.net

しかし今の憲法のままでいずもなんかが機能するんだろうか?
やっぱホテル?

58 ::2019/08/14(水) 21:06:41.08 ID:37jyRWpR0.net

>>17
2000億とか2兆円とかあるのな。
貨幣価値で考えると2000億、予算に占める割合で考えると2兆円とかか…

218 ::2019/08/15(木) 12:43:05.79 ID:EX+VcYlb0.net

悪いのは陸軍
特に関東軍

295 ::2019/08/15(木) 18:19:24.09 ID:8d2/U8NH0.net

>>275
発想はドラゴン桜の前だと言ってるね。
ストーリーを練って提案したけど、ボツ食らってドラゴン桜執筆って流れ。
ただ、再執筆の過程で、そこらを参考に手直ししたかもしれんね。

114 ::2019/08/15(木) 00:40:07.41 ID:K2AjZFy/0.net

>>112
日本新聞だっけ?、戦争しろ新聞が売れていた。それに、朝日や毎日も戦争しろと書いていた。売れるから。
ロシアに勝ったし、陸軍が勝ちまくっていた。
日本人はガソリンの件でもう戦争しろ状態だった。
そして、裏ではワイロと?

194 ::2019/08/15(木) 11:04:42.31 ID:skIeyTGk0.net

巨大ラムネ工場だよ

111 ::2019/08/15(木) 00:21:44.41 ID:NsAkJvR90.net

大和作る作らない以前の問題として、戦略ミスってるんだからどうにもならんだろ。アメリカに戦争仕掛けた時点で終わり。大和の鉄で空母作ろうが飛行機作ろうが数カ月降伏を伸ばせるかどうかだろ?

ソ連をナチスドイツと大日本帝国で挟み撃ちにする。コレが唯一の選択肢。
大和は関係ない。

306 ::2019/08/15(木) 18:46:28.26 ID:mZiRWC9n0.net

>>301
そんな単純に回らんよ
急にアルミの生産量が上がるわけもあるまい
日本の航空機生産はアルミの生産能力使いきった結果なんだから
航空機の生産増やしたいならソ連みたいに多様な素材の研究を並行してやらないとな
消耗戦を見越してI-16とI-15で二種類の構造試したポリカルポフの慧眼は素晴らしい

205 ::2019/08/15(木) 11:19:39.23 ID:Gyvuz2xE0.net

ドイツの潜水艦は壊滅したけど潜水艦だからこそあそこまで戦えたんだよ。

269 ::2019/08/15(木) 15:05:41.08 ID:MB04uOoO0.net

>>267
無かったら無かったでなんの問題もない
何もない時代の日本の子供はメンコ・コマ回し・凧揚げしてりゃ満足出来た
大人もそれなりの娯楽で十分楽しめたろう

296 ::2019/08/15(木) 18:20:23.41 ID:nA4FrYP60.net

>>294
それは海軍視点
陸軍は主力が大陸で健在なので何で降伏なんだと理解できてない

160 ::2019/08/15(木) 06:53:28.46 ID:FVl/tVt60.net

艦これでまだ大和来ないわ

141 ::2019/08/15(木) 05:13:42.71 ID:EX+VcYlb0.net

>>138
ていうか日独伊ソ四カ国同盟構想あった
枢軸国は同盟としての大戦略、横連携がなさすぎた
みな勝手に戦争やってて草

147 ::2019/08/15(木) 05:31:19.98 ID:mZiRWC9n0.net

>>145
まあ個人的にってのもあったろうけど
スプルーアンスは戦艦艦長とかもやって航空はまったくの門外漢だったから
マリアナの時も戦艦中心の艦隊も組んで待ち構えてたし

163 ::2019/08/15(木) 07:29:43.52 ID:EX+VcYlb0.net

>>152
ドイツ本土の高射砲1万門
日本本土800門
情けなや

337 ::2019/08/15(木) 20:33:14.13 ID:8d2/U8NH0.net

>>333
例えば第二次世界大戦前の航空魚雷の投下速度って射程1.5km、高度15m、200km/h制限ですよ。
こんな速度で戦艦に近寄るのは自殺行為。
(ってもソードフィッシュ頑張ってはいるけど)
これだけを見れば航空魚雷なんて役に立たない。

ところが、大戦末期には高度700m、760km/hまで向上してる。つまり全速で投下できる。

大戦前と大戦末期でまったく違う判断になるんです。

92 ::2019/08/14(水) 22:52:14.07 ID:EhJhLuCh0.net

>>84
弩級戦艦を作るのは世界的な流れだったんだよ。
そういうものを作れることが先進国の証みたいな。国威の意味もあった。
だからこそ経済的実力が無いのに無理して作るところが見栄っ張りの田舎という見方が
出来るんだ。

今の北朝鮮みたいなもんだ。

143 ::2019/08/15(木) 05:19:27.37 ID:sGGjcRJT0.net

>>124
戦場では既にパラダイムシフトが起きてるにもかかわらず
意地でも艦隊戦だけをやりたくて仕方ない連中が海軍内で権力持ってたってのもマズかったと思う

298 ::2019/08/15(木) 18:24:25.84 ID:RL1SxMBD0.net

勝ったら勝ったで勝ったおかげの不幸と幸福がある
負けたら負けたで負けたおかげの不幸と幸福がある
両方同時に経験はできないから比較もできない

277 ::2019/08/15(木) 15:20:44.55 ID:BkyEe6Uv0.net

やっぱりミッドウェイの采配が

351 ::2019/08/15(木) 20:53:33.94 ID:nA4FrYP60.net

>>346
士官室どころか全館冷房でしょ
機関室が38℃以下(笑)に保たれる艦艇は大和型だけとか

125 ::2019/08/15(木) 04:30:03.36 ID:YEapHv790.net

>>123
そら途中で設計変更した艦なんて中途半端だからな
できることなら最初から空母として作ったほうが性能が良い空母ができる
信濃の運用も頑丈さを活かして洋上の補給基地という他の空母とは違う運用方法を考えていたそうだ

215 ::2019/08/15(木) 12:18:33.43 ID:KSkEoRnW0.net

>>214
かっこわるいしなw

しかし戦艦大和ってなんであそこまでかっこいいのか

35 ::2019/08/14(水) 19:20:11.00 ID:kaIDA8Uq0.net

そういえばタミヤの社長が偉い箱絵描きの人のとこに行って
バルバス・バウの話をしたのが気に入られて引き受けてもらったんだっけ

129 ::2019/08/15(木) 04:39:27.35 ID:nA4FrYP60.net

>>127
そういう案があったけど結局は大鳳のような攻撃型空母として再設計されてる

190 ::2019/08/15(木) 10:58:36.57 ID:uGo+rPXZ0.net

46サンチ砲には夢が詰まってるし…

95 ::2019/08/14(水) 23:15:11.96 ID:k/vzuEGK0.net

航空機さえなかったら戦艦大和は最強の軍艦だったんだよ。航空機さえなかったら
アメリカは大和に屈服したに違いない。

226 ::2019/08/15(木) 13:16:46.91 ID:RL1SxMBD0.net

>>225
現代だって大して変わらないような

263 ::2019/08/15(木) 14:48:50.31 ID:SmJnggR70.net

>>24
3番艦の信濃が空母に変更って早かったけど完成遅れたのがネックだね

229 ::2019/08/15(木) 13:22:08.70 ID:GXVbNGY20.net

ばあちゃんの兄貴は陸軍に徴兵されたんだが
腕時計を盗まれましたと届け出たら、お前がぼやーっとしてるのが悪いとビンタ張られたとか
挙句は、ルソン島で戦病死
戦争前に生まれただけで、貧乏くじ引いちまったようなものです

191 ::2019/08/15(木) 10:59:09.77 ID:EX+VcYlb0.net

>>179
まあ今も昔もそうだなw

164 ::2019/08/15(木) 07:40:09.25 ID:YsbuFszo0.net

>>152
計画時に、本土爆撃なんて想定されてなかったから無理だろうな

217 ::2019/08/15(木) 12:34:10.78 ID:DAfFgvK00.net

>>172
そのアメリカ相手に戦争しするんだから世界標準持ち出しても意味ないべ
やっぱ政治と外交の敗北だろう

349 ::2019/08/15(木) 20:50:19.95 ID:cV4r89RM0.net

大和に乗って料理研究家土井勝の手料理が食べたいな

77 ::2019/08/14(水) 21:59:41.24 ID:WYNw66p80.net

>>62
目標が非装甲の護衛空母だからね
大和の砲弾じゃないらしいがスパスパ抜けてダメージ薄いとか泣ける

325 ::2019/08/15(木) 20:03:04.60 ID:8d2/U8NH0.net

>>322
>>235どぞ

同数の艦載機があり、充分な探知体制があった場合、当然ながら爆装した方が不利、そのため、どこかで爆装を落として逃げ帰る、つまり航行攻撃が成立しないとなってます。

97 ::2019/08/14(水) 23:27:05.49 ID:r3oAkOPx0.net

>>91
誰のために威厳を演出するのよ見物する人もいないし
自分のためだとしたら間抜けな話だ

4 ::2019/08/14(水) 18:41:32.40 ID:GpT9XhbT0.net

死に方用意wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

153 ::2019/08/15(木) 06:03:19.63 ID:mZiRWC9n0.net

>>152
精密な高射装置が生産が追い付かず不足するだろうな
防空壕作るのにでも利用したほうがマシってなるよ
砲身を柱に利用したりしちゃうかもね

287 ::2019/08/15(木) 17:03:41.67 ID:NA4+vyVR0.net

>>286
他面的な視点で再検証するといいんじゃないかな

282 ::2019/08/15(木) 15:34:41.80 ID:S4d8rypd0.net

>>267
そうそう、戦争に負けて軍を手放す事で近代化出来た。
農家の次男で先生から満蒙開拓団どうだ?なんて勧められて行った子供は悲惨な目にあってるしな。

334 ::2019/08/15(木) 20:26:20.76 ID:xSkmz6II0.net

>>327
直援の戦闘機は残すに決まってるでしょ?

145 ::2019/08/15(木) 05:25:40.81 ID:EX+VcYlb0.net

敵のスプルースも戦艦部隊に大和を仕留めさせたいと夢想してたようだし
アメリカ側にも戦艦による艦隊戦は華だという思想はあったろ

219 ::2019/08/15(木) 12:46:57.31 ID:S4d8rypd0.net

>>218
悪いのは対米戦始めた帝国海軍だろ。

313 ::2019/08/15(木) 19:03:37.69 ID:pvTTbGWj0.net

>>302
>雷撃も射程いっぱいで基本肉薄せず

大和は対空機関砲が25ミリだからやすやすとそれができたのか…
25ミリは役立たずみたいにかいてる本があったが

94 ::2019/08/14(水) 23:13:50.53 ID:U2tvBKuY0.net

2000GTみたいなもんだ
伝説だなんだともてはやされるけど、工業製品としては過去の名残

大和を自ら陳腐化できなかったのが当時の国力の限界だったんだろうね

322 ::2019/08/15(木) 19:49:46.83 ID:m7oJCb9C0.net

>>297
艦隊優勢で航空攻撃なんて通用してないと言っても、艦隊防空の要はあくまで圧倒的多数の艦上戦闘機よ
航空攻撃に対して航空機による防空があったから防衛成立しているわけで、対空射撃だけならとてもじゃないが艦隊は守れない

艦隊の航空戦力自体が多いのだから航空攻撃が通用しづらいのは当たり前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です