ベネチア映画祭→羅生門ブラボー!なんだ会場にクロサワいないのか→お前日本人だろトロフィー受け取れ

1 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:06:31.36 ID:98Gh6Sha0●.net ?2BP(2000)

自らそった眉、黒澤監督をつかむ 京マチ子さんを悼む 「羅生門」スタッフ・野上照代さん
https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S14015819.html

 世界に名をはせた俳優の京マチ子さんが12日、95歳で亡くなった。世界最高峰の映画祭で受賞した「羅生門」「雨月物語」「地獄門」など数々の名作に20代で出演し、あでやかな姿が観客に鮮烈な印象を残した。交友を結んだ人たちが、希代の名優を悼んだ。

 京ちゃんとは、私がスタッフとして入った黒澤明監督の「羅生門」でご一緒した1950年からのつきあいです。その前に野淵昶監督の「復活」で一緒だったのですが、京ちゃんは覚えていないようでした。

 「羅生門」では、撮影前から眉毛をそり上げてきました。そもそも黒澤監督は、時代劇で女性が眉をそり上げているのは普通のことと考えていたようで、眉をそってから来た京ちゃんをたいへん気に入っていたみたいです。京ちゃんは、「太い眉が気に入らないから、そっていただけ」と言っていましたが。

 当時、京ちゃんは「痴人の愛」…

38 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 20:59:33.89 ID:yS9/okyQ0.net

>>29
まぁちょっと説教臭いけどねw チャラチャラしたものに憧れずに地道に働けよ、みたいな。

36 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 20:55:15.52 ID:rryZRKMa0.net

>>21
だからタイトル変えたんじゃねえの?

55 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 02:45:06.37 ID:BPft6lXd0.net

>>53
いや実際問題として同年代の俳優使うと映画としての貫禄がなさ過ぎるってのはあるんだよ
映画はあくまでリアルじゃなくてリアルっぽい何かだから
俳優の質の低下はまた別の問題

76 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 12:07:10.84 ID:vxMo9HcK0.net

羅生門て、要するに、、、

善悪は揺れるものだから、、、

みたいな解釈でいいかな?

なんか絶対に善良であれ、みたいな
お説教ではないよな???

75 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 12:05:30.41 ID:LBFw0zL20.net

渡辺綱に腕を取られた羅城門の鬼が
世を怨み儚んでいると
羅城門から都を望む都芳香が美しい詩を諳じたので
今さっきまで絶望の縁にいた筈の鬼が
美しい返歌をしてしまう話

33 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 20:36:19.97 ID:9S25X+kr0.net

>>2
女向けだから
女は内容なんてどうでもよくて、この俳優は誰それの息子とか、この女優は誰それと付き合ってるとか、
そんなのにしか興味が無いから、旬の俳優だけに予算を使って他は御座なり

6 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:19:42.52 ID:rryZRKMa0.net

>>3
映画にするのは短編か中編小説くらいがちょうど良いんだと思う

14 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:29:46.24 ID:GT7tC5BK0.net

見たことないけど面白い?
先日初めて見た七人の侍はめちゃくちゃ面白かった

13 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:29:16.12 ID:Bd3FClaD0.net

>>2
才能ある人材が映画界を目指さなくなったから
同じ事がテレビで起きてる

40 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 21:25:54.02 ID:TXhORW4K0.net

黒澤は生きる、悪い奴〜天吾と地獄の三作こそが至高!

23 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:40:15.74 ID:yS9/okyQ0.net

>>14
冒頭の音楽がラベルのボレロみたいだった。志村喬が演じる木こりが延々と山の中を歩いてゆくのが妙にグルーヴがある 
映画としてはつまんないw 退屈。『七人の侍』『用心棒』『椿三十郎』『天国と地獄』のほうが遥かに面白いし楽しめるよ

4 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:14:08.26 ID:BGxrJXsy0.net

>>3
おおっと、火垂るの墓の悪口はそこまでだ。

82 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 14:40:41.90 ID:XVAg08r70.net

お前らって生きるの志村喬みたいにぼんくらで魂抜けてて
女にちょっと優しくされるとすごい舞い上がってそうだよね

16 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:30:47.68 ID:f6d7WX0l0.net

>>3
たしか元ネタは「藪の中」でそれに羅生門を付け足した半ばオムニバスみたいな
状態になってて結局は原作を改作した物だっけ

15 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:30:10.40 ID:uypySsRA0.net

元祖法廷サスペンスやな

53 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 01:08:32.11 ID:3KaUzfXB0.net

>>47
逆だろ
原作では少年って設定なのに演じてんのが30代とかじゃないか
スポンサー獲得の為に芸能事務所や広告代理店に媚び売って、アイドルだとか大した演技もできない俳優モドキを使うようになって映画は腐った
昔は撮影所が俳優を育てて売っていくってスタイルだったからガチの名優が生まれる素地があった

45 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 22:05:56.40 ID:RR8LWXiP0.net

>>2
>>33
ジャニーズ推しだな。時代物や戦争映画で眉毛細くして、化粧して、サラサラヘアーは一瞬で萎える

9 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:24:48.08 ID:GXk+ctn/0.net

ヴェネツィアとかアカンヌとかで賞を取る映画は大体クソつまんねぇカス

64 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 09:57:51.59 ID:T+CKp4IR0.net

>>42
たけしは初期から評論家からの評価は高かったよ

72 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 11:40:01.18 ID:zN8PAsn30.net

Sanzunokawa and Harinoyama

48 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 00:03:31.43 ID:BPft6lXd0.net

>>5
ニッカツ倒産
これをきっかけにテレビ業界に人材が流れてこの後で名作テレビドラマの黄金期を迎える
しかしドラマ業界も結局技術の継承が出来ず廃れた

30 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 20:28:34.30 ID:JDWqBAc90.net

映画と工業製品との差がなくなってしまった
コストと市場の論理で映画のようなものを作って
最低動員+放映後のサブスクリプション利権で細々と食う
狭い狭い商売人達

44 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 21:47:43.51 ID:GKVBqOsh0.net

白人が褒めたとたんに手の平を返すクソアホジャップ猿
この頃から何の進歩もない

80 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 13:23:31.06 ID:kEjr0hrH0.net

>>73
バカいうバカ

54 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 01:33:12.99 ID:3WF5+xGZ0.net

ひたすら同じスタッフで作っていた
溝口健二の大映時代の映画はすごい
映画はチームで作るものという実感がある
小津安二郎なんかも固定スタッフだけど
何でも小津が決めるので実はチームが変わってもクオリティは下がらない
だからいきなり大映に出向いて「浮草」みたいなものが作れる

32 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 20:34:59.97 ID:v/qy1bD20.net

>>3
長編作品を映画化するとあの場面が無いだの話を端折るなボケとか散々言われるからね

77 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 12:40:17.19 ID:lxs6Wo+00.net

>>2
今も面白いよ
君がつまらんおっさんになったんだよ

52 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 00:41:40.60 ID:AFzZBtt40.net

>>3
スティーブン・キングのミストなんて短編原作で映画化された上にドラマ化までしてるぞ

74 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 11:54:45.12 ID:T+CKp4IR0.net

>>73
バカでもわかるように説明して下さい
映画評論家がヤクザに忖度して高い評価をしたって事でしょうか?

2 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:11:25.26 ID:u0Pw+x0G0.net

昔の邦画は面白い作品多かったのに
なんで今はゴミしか作れないの?

34 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 20:42:51.45 ID:Q2cmbHGL0.net

映画はグランプリ
永田は知らんぷり

17 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:31:01.18 ID:ykENHJCe0.net

>>2
芸能村の在日が日本文化を腐らせるために頑張ってる
としか思えないんだけど考えすぎか

25 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:44:54.88 ID:BEEaMUP00.net

在日が腐らせてるのは確かだが、別に腐らせるためにやってるわけじゃないだろ
奴等が自分の感性で真面目に面白いと思うものを作ってるから腐ってるんだよ

63 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 09:57:18.91 ID:ddYBsBiV0.net

カーペンターズって映画化されないね。
まあ、美人て歌うまくてドラマはプロ級とか、
中々役者が居ないか。

66 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 10:16:54.42 ID:T+CKp4IR0.net

>>65
ちょっと何言ってるかわからない

49 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 00:04:40.86 ID:BPft6lXd0.net

>>44
手のひら返し?
黒澤映画は金が掛かる割に客が入らない事で有名だったけど

69 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 11:26:18.09 ID:GyLnf7wb0.net

>>45
ジャニーズ仕事人はマジでひどかったなぁ。

59 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 09:34:22.34 ID:Hz1DFWsf0.net

>>21
ちゃんと見たか?
自分の都合のいい嘘をつく人間の愚かさが伝わらなかったようだな

18 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:32:18.13 ID:yS9/okyQ0.net

>>3
映画『羅生門』の原作は小説『藪の中』だよ。小説『羅生門』は舞台を借りただけ。セットに大きな羅生門を作ッた。

5 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:14:24.70 ID:nY6B1/rq0.net

>>2
なんか映画好きが「邦画は1960年台で終わった」て言うてたから
それくらいの時期に何かあったんちがう

5 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:14:24.70 ID:nY6B1/rq0.net

>>2
なんか映画好きが「邦画は1960年台で終わった」て言うてたから
それくらいの時期に何かあったんちがう

35 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 20:53:20.16 ID:kUClq57i0.net

>>34
でもトロフィーは社長室に飾る

12 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:27:18.66 ID:Siy+ZRsB0.net

>>3
タイトルは羅生門だけど原作は藪の中だぞ

58 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 09:32:02.02 ID:NJooxCLz0.net

何故映画界が腐っているか原因がどこにあるのか
干されるの上等でぶち撒けてる論客の本とか無いの?
まずは原因の洗い出しだろ それから叩きましょ

42 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 21:45:28.83 ID:NvBx5Y2K0.net

>>2
たけしのHANABIとかも
日本の映画通ぶってる奴は評価しないどころか見る気も無かっただろ
それが海外で評価されると途端に掌返しする

78 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 12:41:14.28 ID:yMErsBt40.net

>>77
低予算恋愛映画しかないだろ

65 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 10:04:05.15 ID:ddYBsBiV0.net

>>64
ヤクザ映画ばっかだからな。
芸能で評価されるのは当たり前だろ。

7 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:22:03.65 ID:5ne3M8Es0.net

朝鮮人脚本ばかりになったから

11 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:26:53.53 ID:/dUeiZFG0.net

ビビりながら戦うところを何度も見てしまう。

28 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 20:08:31.66 ID:o6Fhf2XI0.net

映画の羅生門て原作レイプじゃないか
何で外国じゃあんなのが評価されてんだよ?

81 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 14:37:05.27 ID:tYsJTPFG0.net

47 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 23:59:18.63 ID:h019Tl0l0.net

>>2
ドラマもそうだがマンガみたいな内容ばかりなんだよな
出演者もガキっぽいかガキそのものを起用したり

39 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 21:00:51.08 ID:yS9/okyQ0.net

>>28
そうなんだよ!映画公開当時芥川ファンは激怒した

73 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 11:49:54.82 ID:xSqt7Ixx0.net

>>66
ばーか

70 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 11:30:11.58 ID:0GXED4CLO.net

>>1
肝っ玉母さんの人?

71 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 11:37:11.85 ID:MCrb6ztC0.net

>>13
いま才能ある人はなに作ってるの?
youtube?

56 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 03:18:21.84 ID:QAfLoFGu0.net

>>2
映画界の自主規制や萎縮だよ
それで自由な発想ができる漫画やアニメが興隆した
いまはその二次元にも規制の魔の手が

19 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:34:56.03 ID:bEGMxiVb0.net

>>2
昔の邦画は日本人が作ってたンだろ

10 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:25:28.91 ID:kUClq57i0.net

大映のスクリプターの人?

29 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 20:22:05.85 ID:kRbSieKg0.net

雨月物語はただただ眠くなるばかりだったが改めて見ると奥が深いね

21 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:36:53.49 ID:yS9/okyQ0.net

>>16
芥川龍之介の『藪の中』だと、殺人事件の真相は結局はわからないんだよね。強盗、木こり、女、女の旦那の武士とそれぞれで証言が違うから。
だけど、黒澤明は傲慢にもこの「真相は藪の中」という原作をぶち壊して結論を出してしまった
映画『羅生門』は、芥川の芸術を冒涜したものといってもよいだろう

61 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 09:49:49.40 ID:ddYBsBiV0.net

>>56
また校庭で漫画燃やされるのかな?

26 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:50:14.24 ID:hkH14Ldk0.net

三船敏郎ほどの存在感ある役者はもう出んだろうな。

37 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 20:56:14.76 ID:ibJKmgj/0.net

前田日明が田村にトロフィー投げつけた件

41 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 21:26:09.40 ID:TXhORW4K0.net

天国と地獄 ね

43 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 21:45:59.48 ID:oTJeaov7O.net

時代は新海誠監督や

50 :名無しさん@涙目です。:2019/05/24(金) 00:21:43.41 ID:1zwHZpeo0.net

WCW時代の中西学がどうしたって

8 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:24:32.08 ID:C47Wg6Iq0.net

>>2
脚本そっちのけで俳優推しになったから

3 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 19:11:53.87 ID:Hei2+lD+O.net

映画は見ようと思わないけど
羅生門って小説だと超短いよな
どんだけ想像を膨らませて尺とってんだ

46 :名無しさん@涙目です。:2019/05/23(木) 23:54:41.57 ID:0VzW5B/U0.net

>>2
月に何本も封切有るような世界と一緒にすんな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です